睡眠の方法・研究所TOP > 睡眠法のポイントとは? > 子供の睡眠の大切さ

子供の睡眠は重要

 

子供の睡眠は、とても重要な意味を持ちます。
子供は、まだ体も脳も発達途上にあります。そのため十分な睡眠時間が必要なのです。一旦眠りさえすれば、深い眠りが必然的に現われます。問題は睡眠時間です。寝不足がないように、親が気をつけることが大切です。

新生児は1日16〜18時間眠るといわれています。
3歳児くらいで、12時間の睡眠が必要です。そして成長とともに、だんだんと睡眠時間は少なくなります。小学生の子供なら、睡眠時間が10時間は必要でしょう。

子供の睡眠は、深くかつ長いことが特徴です。
これは深いノンレム睡眠によって体を成長させ、浅いレム睡眠によって脳を発達させるため。最近、子供の不眠が問題になっていますが、後者の脳の発育に影響が出る可能性があります。

子供の睡眠時間が減ると、どうなる?

子供の睡眠時間が減ると、忍耐ができない、切れやすい子どもを作ります。
また記憶力、思考力が減退するため、授業中も頭に入ってこないし、成績も落ちてしまう可能性があります。勉強嫌いの子供を生むわけです。そのほか、朝寝坊から不登校へと発展したり、引きこもりの原因ともなりかねません。

浅いレム睡眠は、多くの時間続けて眠ることでしか取ることができません。
レム睡眠には、精神疲労を回復させる役割があります。そのため子どもの睡眠時間が不足すると、ストレスがたまりやすくなり、チック症状やうつ病傾向が出てくるかもしれません。ストレスが目に出れば、近視や心因性視力障害になります。

深い眠りの役割とは?

深い眠りのノンレム睡眠は、大人でも子供でも、寝始めの3時間に多く出現します。とくに寝始めの90分がもっとも深くなります。この3時間のうちに、成長モルモンが分泌されるのです。成長ホルモンは読んで字のごとく、体を成長させるために必要なもの。子供の体、とくに骨を長くする働きがあります。これによって身長が伸びていき、それに伴って、内臓や筋肉もサイズが大きく成長していきます。

子供の睡眠が多少不足していても、ノンレム睡眠や成長ホルモンは寝始めの3時間に現れるので、あまり影響はないと考えられます。子供は、いったん寝付いてしまえば、意識しなくても深い眠りに落ちていくからです。ただ、寝室の照明には気をつけましょう。

寝室の照明は要注意

寝室が明るいと、睡眠中にメラトニンの分泌量が減ってしまいます
メラトニンには体温や脈拍、血圧を下げて、副交感神経を優位にする働きがあります。それによって寝付きやすくし、眠りを持続させるわけです。寝ている間中ずっと明るいと、メラトニンの分泌量は確実に減少します。すると睡眠の質が悪くなり、精神的に落ち着きのない子供になる可能性があります。将来的には、自律神経失調症になる危険も秘めています。

明るい部屋で子供が睡眠を取ると、体にとって大切な深いノンレム睡眠を、うまく取れなくなる可能性があります。そうなると成長ホルモンの分泌量が低下し、体の発育に支障が出るかもしれません。

また子供の睡眠中、部屋の電気をつけていると、ずっと目が調節を続けることになります。瞳孔は光の量を調節します。当然、それとつながっている毛様体筋も緊張します。これが将来の強度近視の原因になるという大学の研究報告もあります。

 

結局、子供の睡眠は、親がしっかり管理していくべきだと思います。
夜にゲーム機やパソコンで遊びすぎると、強い光がメラトニンの分泌を阻害し、寝つきにくくなります。これが最近の子供の不眠の原因といえます。また塾帰りの遅い夕食は、消化する前に就寝することになり、これも不眠の要因となります。夜が遅い場合は、早めに夕食を済ますなどの工夫が必要です。

よく眠るための「睡眠方法の秘訣」はこちら↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら