睡眠の方法・研究所

 

睡眠の方法・研究所では、より良い眠りというものを追求しています。

本当は、睡眠の方法など必要ないのかもしれません。
しかし、現代は日本人の5人に1人が、睡眠の問題で悩んでいるという現実があります。これには、いろいろな理由があるでしょう。

リストラに対する予期不安からのストレス、いじめ、一人暮らしの不安など、挙げればきりがありません。一昔前は、残業によって物理的な睡眠時間が取れないために、寝不足になっていたといえます。しかし現代では、収入の激減やストップにより、将来に対する不安感から眠れないこともあるのです。

そこで睡眠の方法の登場です。
不眠症というと、布団に入ったものの寝付けないとか、一睡もできないというイメージがあります。そのほかに、夜中に目覚める症状(中途覚醒)、朝早く起きてしまう症状(早朝覚醒)、寝た気がしない(熟眠障害)も不眠症の仲間です。

睡眠の方法を考える前に、まずは自分の眠りが上記のどれに該当するのかを知ることが先決です。寝付きにくい場合は、体内時計のリズムと寝る3時間前までの過ごし方を見直してみます。夜中や早朝に起きてしまう場合は、浅い眠りをいかに深くできるかを考えてみるのです。

夜眠れないということは、そもそも体内時計がずれていて、夜型だからかもしれません。この場合の睡眠の方法や対策は、まずは朝の太陽の光を浴びて、体内時計をリセットすること。さらに寝る直前に運動していたり、カフェインを摂っていないかをチェックしましょう。寝る前に興奮すると寝付けないのは当然なのです。

途中で目覚めるということは、眠りが浅いからです。
この場合の睡眠方法や改善策は、深い眠りを得るために、運動を取り入れます。昼間の疲労度が少ないと、睡眠物質が作られないので眠りが浅くなります。またアルコールを飲みすぎても浅い眠りになるので、当然夜中に目覚めやすくなります。
そのほか呼吸が浅い睡眠時無呼吸症候群や、うつ病の可能性もあります。

当サイトでご紹介する睡眠の方法によって、皆様の眠りが今よりも良くなり、睡眠の質が改善されれば幸いです。

よく眠るための「睡眠方法の秘訣」はこちら↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら
睡眠不足の解消法について・・・昼寝を活用するという手も。 不眠症対策は、細かい方法を組み合わせると有効。 睡眠を熟睡にするには?・・・適度な運動と食事時間の調整。 アルコールと睡眠の関係とは?・・・最初はよくても、やがて依存症の危険が。 不眠対策のオススメとは?・・・アロマやクラシック、ストレッチなども有効。 不眠の改善と睡眠薬・・・ベンゾジアゼピン系の上を行くオレキシン受容体拮抗薬に期待。